なぜ育毛シャンプーを使うのか?その効果は

10代・20代は、髪の毛がフサフサで、艶もあり、薄毛なんて言葉が気になりませんから、特に薄毛ケアをするということもありませんが、30代を過ぎた頃から、徐々に毛の状態が気になってくるものです。

朝ブラッシングする時、お風呂でシャンプーをする時、ブラシにつく髪の毛の量にびっくりすることはありませんか? そう気づいた時には、もうすでに遅いのです。

その為、育毛ケアは、10代・20代のフサフサして艶のある髪の毛の状態のうちからケアしてあげることが大事と言えます。

育毛ケアにおいて、お勧めなのが、育毛シャンプーです。 お風呂場は、お湯や湯気でとても温かい空間ですので、毛穴も緩んできます。 この状態の時に、しっかり泡立てた育毛シャンプーの泡が毛穴に入り込み、しっかりと毛穴の汚れを取り除いてくれるのです。

育毛シャンプーには、毛を育てる上で大事な成分も配合されていますので、その栄養成分が綺麗になった毛穴から充分に入り込み、毛根細胞まで浸透することによって、発毛の為の準備をします。

この育毛シャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーなので、当然髪の毛にとっても優しいと思われがちですが、商品によっては髪の毛がきしむ可能性がありますので、注意が必要です。

毛穴に着いた皮脂というのは、栄養分を浸透させる為に邪魔な存在ですが、全て取り除いてしまうと、逆にギトギト頭になってしまうのです。 その理由は、体というのは面白い構造をしていて、皮脂が全くないと、逆に皮脂を作り出そうという働きをする為、逆効果になるというわけです。

その為、洗浄効果はある程度で、自分の頭髪に合ったタイプの育毛剤を選ぶことが大事と言えます。

特に気をつけて頂きたいのが育毛シャンプーと抜け毛シャンプーは違うという点です。

すでに髪の毛がないという方は育毛シャンプーを、薄毛や抜け毛が気になる方は抜け毛シャンプーを選ぶことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>